【エアタグ】待望のAnkerスマートトラッカー!【AirTag】

ガジェット

エアタグを使ってみたいけど、そもそもiPhoneもってない。

iPhoneエアタグ以外のスマートトラッカーはないの?

 

大変便利なエアタグは子供の見守りにも大変おすすめです。

しかし、エアタグには大きなデメリットがありました。

iPhoneやApple商品以外での登録・使用ができなかったのです。

エアタグを使ってみたいけれど、そういう理由から諦めていた方も多いはず。

朗報です!

Ankerから、スマートトラッカーが出るという情報が公開されました!

 

Ankerスマートトラッカーが出る!

Ankerは4月13日、2種類のスマートトラッカー製品を発表しました!

  • タグ型製品 Eufy SmartTrack Link
  • カード型製品 Eufy SmartTrack Card

タグ型は2990円、カード型は3990円で販売予定です。

2022年秋ごろの発売を予定しているそうですよ。

更にiPhoneユーザーにも朗報です!

なんとこちらのスマートトラッカー、AppleのFind Myネットワークにも対応!

これは大きいですね。一気に市場が広がりそうです。

 

Anker発のスマートトラッカーのここに注目

なぜこんなにも今Ankerのスマートトラッカーに注目が集まってるのでしょうか。

ポイントは以下2点です。

  1. AppleのFind Myネットワークに対応している
  2. Apple以外の端末で利用できる

全てのスマホ等の端末から、対象物を探すことが可能に!

これは今までにない画期的なポイントです。

Apple Air tag以外のスマートトラッカーはなぜ流行らなかったのか

スマートトラッカーはApple以外にも多くの製品が発売されています。

代表的なものは、Appleエアタグ以前からあった、tileです。

しかしいずれも、Appleエアタグほど、市場を拡大することが出来ていません。

各社スマートトラッカーのデメリット
  1. それぞれに必要となるアプリが違う
  2. tileであれば、持ち主と持ち物の、2つのtileが必要

 

これらの点から、使い勝手が悪く、市場が広がらなかったものと思われます。

 

Apple Air tagの、もう一歩の点

こちらでも推しに推しているAppleのエアタグですが、後もう一歩というところでした。

エアタグはAppleのFind Myネットワークを利用するためです。

エアタグはApple製品のデバイス以外に、利用ができません。

AppleのFind Myネットワーク

世界中にあるiPhoneをはじめとするAppleの製品たちが、さまざまなネットワークで繋がって、AirTagの位置情報をAppleのサーバにレポートしてくれます。

AirTagの持ち主は、自分のAirTagの位置を Find Myアプリで確認ができます。

 

Appleエアタグを検討していても、iPhoneじゃないから断念していたという方も多いはず。

今回そのモヤモヤを払拭する存在こそが、Ankerスマートトラッカーです!

 

Ankerのスマートトラッカーは全てのデバイスに対応します。

さらに、AppleのFind Myネットワークも利用可能。

もしかしたら、今までよりもずっと高性能に、対象物を見つけられるようになるのかも!

 

Ankerスマートトラッカーの種類

Ankerのスマートトラッカーは2種類展開しています!

従来のタグ型に加え、注目なのはカード型ではないでしょうか?

 

私はタグ型のエアタグをお財布につけていますが、とってもごちゃごちゃします。

カード型はお財布のカードフォルダーの中に収納可能

よりスマートに持ち歩くことが出来るようになりました!すごい~。

 

もちろん従来のタグ型も、キーホルダーとして繋ぐことが出来るので、紛失の心配がありません。

子供にはタグ型、大人はカード型という風に、使い分けても良いかも知れませんね。

 

Ankerスマートトラッカーは2022秋発売!

Ankerスマートトラッカーは、詳細な発売日はまだ未定のようです。

秋ということがお知らせされています。

iPhoneエアタグを超える売上が期待できるこちらの製品。

私のAndroidユーザーの姉も、こちらのAnkerスマートトラッカーにはとても注目しています。

これまでiPhoneのエアタグの購入に迷っていたという方は、是非チェックしてみてくださいね!

我が家も、Ankerスマートトラッカーを手に入れた際には、こちらでレビューをしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました